銘板偽装された変圧器の設備更新にともなう省エネ補助金申請

現在は電気基本料金は電力デマンドによって計測された使用量に基づいて決められています。
しかし、かつては設置された登録した受変電設備の容量に基づいて決められたため、電気基本料金を安価に抑えるために変圧器の銘板を偽装して実際より低い容量で届け出ることが横行しました。

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×